消費者金融セントラルで初めてキャッシングする時の注意点は?

大手の消費者金融で審査に落ちてしまった人で、中小の消費者金融に申し込む方は多いです。とはいえ中小の消費者金融だと、借入するのが不安な方もいるでしょう。

そうした方にオススメなのが、中小の消費者金融「セントラル」です。セントラルは老舗の(古くからある)消費者金融で、大手の消費者金融に近い条件での借入が出来ます。

今回は消費者金融セントラルという会社を紹介して、申し込み方法や借入までの流れを説明します


中小の消費者金融セントラルってどんな会社?借入・申し込み条件を解説

消費者金融セントラルとは

消費者金融セントラル

セントラルとは、愛媛県松山市に本社がある中小の消費者金融です。昭和48年に創業し老舗の貸金業者として、50年ほど営業を続けています。

とはいえ中小の消費者金融なので、従業員数や店舗数は大手の消費者金融より圧倒的に少ないです。例えば大手の消費者金融「アコム」の従業員数が約2000名いるのに対して(2020年3月末)、セントラルの従業員数は22名しかいません(2019年8月時点)。

店舗も全国に17店しかないため、大手と比べると小規模な消費者金融です。ただしネットからの申し込みに対応しているので、全国から利用できます。

<関連記事>:消費者金融とは?元銀行員が分かりやすく解説!

店舗

上でも述べた通り、セントラルの店舗は全国に17店しかありません。以下の表では、それら全ての店舗を紹介します。

都道府県 店舗名 設置物
東京 上野浅草口店 自動契約機
新橋店 自動契約機
新宿店 自動契約機・ATM
池袋店 自動契約機・ATM
神奈川 横浜店 自動契約機・ATM
埼玉 大宮店 自動契約機
岡山 岡山大安寺店 自動契約機・ATM
倉敷沖新町店 自動契約機・ATM
愛媛 河原町支店 有人店舗
南松山店 自動契約機・ATM
新居浜店 自動契約機・ATM
新空港通り店 自動契約機・ATM
R56大洲店 自動契約機・ATM
宇和島店 ATM
香川 レインボロード店 自動契約機・ATM
宇多津店 自動契約機・ATM
高知 南環状百石店 自動契約機・ATM

セントラルのほとんどの店舗には、自動契約機とATMしか設置されていません。有人店舗は愛媛県に1店しかないため、窓口で手続きを出来る人は限られるでしょう。

なおこの表を見て「近くに店舗がないから、セントラルを利用できない」と考える方もいるかもしれません。ですがセントラルでは来店不要の申し込みが可能で、全国で利用出来ます

その申し込み方法については、後ほど詳しく説明します。

<関連記事>:中小の消費者金融に限定!おすすめランキングを紹介します!

借入条件

金利(年率) (最大)借入限度額 即日融資
4.8%~18.0% 300万円 可能

上限金利は年率18.0%と、中小の消費者金融の中では平均的な水準の金利です。適用金利はセントラルHPで詳しく説明されていませんが、一般的に契約額(借入枠)が大きいほど金利は低くなります。

ただし初回借入では少額融資になりやすく、上限金利が適用されやすいです。また即日融資にも対応しているため、直ぐにお金が必要な方にも嬉しいですね。

<関連記事>:消費者金融の金利相場は?金利はどうやって決まるの?

ただし最大の借入限度額は300万円と、大手に較べて少なめです

申し込み条件

セントラルの申し込みでは、以下の3つの条件を全て満たす必要があります。

セントラルの申し込み条件
  • 20歳以上の人
  • 定期的な収入がある人
  • 返済能力がある人


他の消費者金融では65歳未満など年齢に上限が設けられるのが一般的ですが、セントラルにそうした条件はありません。20歳以上で他の条件を満たしている人であれば、高齢者でも申し込みができます

またここで言う「定期的な収入がある人」とは、週3日以上働いていて定期的に収入が得ている人を指します。週2日の勤務や、不定期な日雇いバイトなどで収入を得ている人は、申し込みをしても審査に落ちる可能性が高いです。

さらに収入が多くても多大な借金を抱えていたりすると、現時点で返済能力がないと見なされ審査に通りません。

<関連記事>:消費者金融の審査に通らない?知っておきたい審査基準

中小の消費者金融の審査では、「現時点で返済能力があるか」が重視されるケースが多いです



消費者金融セントラルの申し込み方法や必要書類

申し込み方法

セントラルの申し込み方法には、以下の5通りがあります。

セントラルの申し込み方法
  • WEB(PC・スマホ)
  • 自動契約機
  • 電話(郵送)
  • コンビニでFAXから
  • 来店


郵送以外の申し込み方法なら平日14時までに申し込めば、即日融資も可能です。とはいえFAXや店舗での申込方法は手続きに手間が掛かるため、あまりオススメしません。

WEBからなら24時間いつでも、家にいる間に申し込みできます。自宅や勤務先の近くに自動契約機がある方は、自動契約機から申し込む方法も良いでしょう。

自動契約機での申し込みならその場で手続きが終わり、ローンカードも契約機から発行してもらえるので、直ぐに借入が出来ます。

<関連記事>:消費者金融ダイレクトワンの申し込み・審査について

電話での申し込みは必要書類等の提出に、郵送の手続きが必須なので借入までに時間が掛かります

必要書類

本人確認書類としては、以下のいずれか1点を提出して下さい。

消費者金融セントラルの必要書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード


これらの書類に「顔写真が付いていない」、または「現住所と異なる住所が書類に記載されている」場合は、以下の書類も追加して必要です。

必要書類に不備がある場合の追加書類
  • 住民票
  • 水道光熱費などの公共料金の「領収書」
  • 納税証明書


なお提出時には最新の発行日の書類を、出してください。

申し込みから借入までの流れ

先ほども述べた通り手続きに一番手間を掛けずに即日融資ができるのは、WEBから申し込む方法です。以下ではWEBから申し込んだ場合の借入までの流れを、紹介します。

消費者金融セントラルの申し込みから借入までの流れ
  • 1.申し込み
  • 2.申し込み完了メール受信
  • 3.審査
  • 4.メールで審査回答の連絡(※電話の場合あり)
  • 5.必要書類の提出(HPからアップロード)
  • 6.契約
  • 7.指定口座への振込・借入(希望者のみ)
  • 8.郵送でローンカード「Cカード」受け取り


まずセントラルHPから「今すぐお申し込み」ページを開いて、必要項目を記入し申し込みを完了させます。完了後は申し込み完了メールが届き、審査が行われます。

審査では申し込み者の情報を基に、申し込み者に返済能力があるかを確認されます。審査が終わり次第、メールまたは電話でセントラルから審査結果の連絡が来ます。

審査に通れば、必要書類(契約書類、本人確認書類など)をWEBまたは郵送から提出します。WEBから提出する場合は、セントラルHPの「お客さまサポートページ」に書類をアップロードして下さい。

セントラルが提出した書類の内容を確認すれば、契約は完了です。契約完了後はセントラルのローンカード「Cカード」が郵送で送られて来るので、それを受け取れば借入が出来ます。

なお即日融資を希望する方は、平日14時までに申し込みの手続きを済ませて下さい。WEBからの申し込み時に即日融資の希望を伝えれば、状況次第でその日の内に口座に契約額を振り込んで貰えます。

<関連記事>:即日融資ランキングを解説!どのカードローンが選べばよい?

審査に通るか不安な方は、セントラルHPの「お借入3問診断」をしてみるのも良いでしょう



消費者金融セントラルの借入・返済方法は?

借入方法

セントラルの借入方法として、以下の3つがあります。

セントラルの借入方法
  • セントラルATMからの引き出し(ローンカード)
  • セブン銀行ATMから引き出し(ローンカード)
  • 申し込み者の銀行口座に振り込み


ここでいう「セントラルATM」とは文字通り、消費者金融セントラル専用のATMです。先ほど表にあったように、セントラルATMは全国に13か所しかない(都内で新宿・池袋の二か所のみ)ありません。

そのためこのATMから引き出して借入できる人は、少ないでしょう。最も手軽に借入できる方法は、セブン銀行ATMから引き出す方法です

提携しているセブン銀行のATMなら、「Cカード」というセントラル専用のローンカードを使って全国のセブン銀行で借入が出来ます(手数料あり)。また振込での借入を希望する方は、セントラルに電話して振込依頼の申し込みをして下さい。

平日14時までに申し込みをすれば、その日の内に口座にお金が振り込まれます。

<関連記事>:無人契約機でお金を借りる!おすすめの消費者金融は?

セントラルATMを利用すれば、借入・返済の手数料は掛かりません

返済方法

セントラルでは、以下の4つの返済方法があります。

セントラルの返済方法
  • セントラルATMで支払い
  • セブン銀行ATMで支払い
  • 指定口座に振り込み
  • セントラル支店窓口(9:00〜18:00)


指定口座での振り込みをネットで行う方法が、ATMに行く手間が省けて一番手軽に出来ます。ただしネットバンキングに登録している銀行がある人に限り、この方法で返済できます。

なお振り込みやセブン銀行ATMで支払いの返済方法は、手数料が別途かかります。近くにセントラルATMがある人は、そこで返済すれば手数料がかかりません。

またセントラルは、一括返済にも対応しています。一括返済とは借入額の全てを一括で返済する方法で、将来払う予定だった利息を全て無くし返済負担を大幅に軽減できます

一括返済を希望する場合は、セントラルに連絡して返済総額を確認が必要です。お金に余裕ができて借入が必要なくなった人は、一括返済をすれば返済負担を軽減できます。

<関連記事>:消費者金融・カードローンの一括返済で気を付けるべきこと

返済金額

セントラルでは借入残高に応じて、以下の表のように毎月の返済金額が変わります。

借入残高 金額(円)
10万円以下 4,000
10万円超20万円以下 8,000
20万円超40万円以下 12,000
以後10万円増す毎に追加 3,000

表を見れば分かる通り借入残高が大きいほど、返済金額は大きくなります。40万円以降の借入残高は、10万円増す毎に返済金額が3,000円追加されます。

借入額を増やすほど毎月の返済金額も大きくなり、それだけ返済が大変になります。返済出来ない事態を避けるためにも、身の丈にあった借入や計画的な返済を心掛けましょう。

なおセントラルのHPの「返済シュミレーション」を使えば、毎月の返済額、返済回数を計算出来ます。

<関連記事>:借金返済ができない場合、どこに相談すれば良い?

返済出来ないのを防ぐために、手持ちのお金から返済分を先に取っておくのがオススメです



中小の消費者金融セントラルの魅力・メリットは?

ここまで消費者金融セントラルの申し込み・借入方法を説明しました。ここからはセントラルの魅力や、メリットを紹介します。

1.即日融資に対応している

セントラルでは平日午後2時までに申し込みを済ませれば、即日融資が出来ます。即日融資に対応している中小の消費者金融は、そう多くありません。以下の表を見て下さい。

金利 借入限度額
セントラル 4.8%~18.0% 300万円
大手の消費者金融
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円
中小の消費者金融
ビアイジ 12.0%~18.0% 200万円
スカイオフィス 15.0%~20.0% 50万円
キャッシングエニー 15.0%~20.0% 200万円
アイアム 18.0% 50万円

他の中小の消費者金融では来店しないと即日融資ができなかったり、そもそも即日融資が出来ないケースも多いです。ですがセントラルではネットからの申し込みなら、来店不要での即日融資にも対応してます。

とはいえ審査や書類提出などで時間が掛かってしまうと、翌営業日以降の借入になる可能性もあります。即日融資を希望する方は必要書類等を事前に準備して、念のため午前中に申し込むと良いでしょう。

<関連記事>:中小大手の消費者金融、全国35社の金利・即日の一覧表

来店せずに即日融資できる中小の会社は少ないので、大きなメリットですね

2.来店不要で借入できる(即日融資も可)

上でも述べた通り、セントラルでは来店不要で借入が出来ます。WEBで申し込みの手続きを済ませて、郵送でローンカードを受け取れば来店の必要がありません

店舗は少ないですが来店不要なので、全国から利用が出来ます。さらに即日融資を希望する場合はローンカードを待たなくても、契約日日に(借入枠の範囲内なら)希望額を振り込んでもらえます。

3.中小の消費者金融の中では、金利がやや低め

中小の消費者金融の中では、セントラルの金利がやや低めな点もメリットの一つです。以下の表を、見て下さい。

金利(年率) 借入限度額 即日融資
セントラル 4.8%~18.0% 300万円 ネット/来店で可
ビアイジ 12.0%~18.0% 200万円 ネット/来店で可
九州キャネット 12.0%~20.0% 1~50万円 来店(九州中心に8店)
ダイレクトワン 4.9%~20.0% 300万円 来店(静岡中心に15店)で可
フクホー 7.3%~18.0% 200万円 来店(大阪・1店)で可
ライフティ 8.0%~20.0% 500万円 不可
ユニズム(ナショナル商事) 15.0%~20.0% 100万円 不可

表を見ればわかる通り、セントラルは大手消費者金融と同水準の金利幅です。一方で中小の消費者金融では、上限金利が年率20%の会社も珍しくなく、セントラルの金利水準はやや低めです。

先ほど説明した通り、契約額を引き上げればセントラルの適用金利を更に下げることができます

4.無利息サービスを行なっている

セントラルでは初めて借入する方に向けて、30日間金利を0円にするサービス(無利息サービス)を実施しています。30日間でも金利がなくなれば利息も減り、返済総額も少なくなります。

短期間の少額融資を希望する方はセントラルで借りれば、かなり少ない利息で借入が出来るかもしれません。

<関連記事>:無利息期間のあるカードローンの選び方

5.審査が柔軟

セントラルは大手の消費者金融に比べて、審査が柔軟な点で有名です。口コミには、「過去に金融事故を起こしたけど、借入できた」という書き込みもあります。

金融事故や返済遅れなどで大手の消費者金融の審査に落ちた人は、審査が柔軟なセントラルに申し込んでみるのも良いかもしれません。ただし収入が低かったり多額の借金を抱えていた場合、現時点で返済能力がないとみなされ審査には通らないでしょう。

<関連記事>:消費者金融の審査担当者に聞いた!審査と取り立ての裏側

6.提携ATMのセブン銀行で全国から借入・返済ができる

先ほども説明した通り、セントラルの店舗数は14店と少なめです。ですがセントラルが提携するセブン銀行のATMを使えば、全国のセブン銀行で借入・返済が出来ます

セブン銀行が設置されているコンビニ「セブンイレブン」は、全国に2万店ほどあるのでほぼどこからでも借入できるでしょう。さらにイトーヨーカードーやその他の商業施設にも、設置されているので借入・返済をしやすいです。

セブン銀行ならどこにいても、借入・返済が出来るでしょう



消費者金融セントラルのデメリットは?

1.即日融資のハードルが高い

セントラルでは即日融資が可能ですが、そのためには平日14時までに申し込みを済ませる必要があります。さらに平日14時ギリギリの申し込みで審査に手間取った場合、借入が翌営業日になる恐れもあります。

そのため即日融資を希望する方は、セントラルの申し込みのために平日午前中の時間を確保する必要があります

<関連記事>:土日祝日に即日融資でおすすめの会社は?

土日祝日の即日融資を希望するなら、大手の消費者金融に申し込むべきです

2.手数料がかかる

セントラルでは返済時にセブン銀行ATMから入金する場合や指定口座に振り込む場合、手数料が掛かります。借入時にセブン銀行ATMを利用した場合も、手数料かかります。

手数料無料のセントラルATMは全国13カ所にしかないので、多くの場合に手数料が掛かってしまうでしょう。

3.店舗数が少ない

上でも述べた通りセントラルの店舗数は少なく、ATMは全国に13カ所、自動契約機は全国に15カ所しかありません。自動契約機だとその場でローンカードを受け取れますが、店舗が少ないので、近くに住んでいない方はその場所に行くまでに時間が掛かります。

さらに有人店舗は、愛媛県に1店しかありません。そのため相談しながらカードローンの申し込みをするとなると、近くに住んでいない人は愛媛まで行く必要があり、かなり大変です。

<関連記事>:【利用者が選ぶ】消費者金融の口コミおすすめランキング!

相談しながらカードローンを申し込みたいという方には、サポートがしっかりしている大手消費者金融の利用をオススメします

4.大手の消費者金融に比べて安心感が低い

ここまでセントラルについて詳しく説明してきましたが、セントラルで借入するのが不安な方もいるかもしれません。やはり中小の消費者金融は、大手の消費者金融に比べて安心感は低いです。

とはいえセントラルは四国に登録されている老舗(しにせ)の貸金業者なので、その心配はいりません。それでも利用するのが不安な方は、大手の消費者金融や銀行カードローンに申し込むのが良いでしょう。

<関連記事>:消費者金融でお金を借りるデメリットとは?


以上、消費者金融セントラルの申し込み・借入条件や、メリット・デメリットを紹介しました。セントラルは即日融資に対応しているので、すぐにお金の借りたい方には便利なカードローンです。

とはいえ無計画で焦ってお金を借りても、後で苦しくなるだけです。借入時にはセントラルHPにある返済シミュレーションを使って、計画的な返済を試みましょう


この記事のまとめ
  • 消費者金融セントラルは創業昭和48年で、愛媛県に本社がある中小の消費者金融
  • 店舗は全国に17店しかないが、ネットで申し込めば全国で利用可能
  • 上限金利は18.0%で、平日14時までの申し込みなら即日融資も可能
  • 自社のATMは少ないが、セブン銀行ATMと提携しているため利便性が高い
  • メリットは来店不要で借入できる点、デメリットは即日融資のハードルが高い点



もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む