【元銀行員が解説】審査なしのカードローンってあるの?

ネットで検索していると、「審査なし」「絶対借りられる」というローン会社を時々見かけます。カードローンの審査に不安な人は、できることなら審査なしで借りたいですよね。

でも審査なしのカードローンなんて、本当に存在するのでしょうか?ここでは審査なしのカードローンはあるのか、審査への対処法などを説明します


清水 のり子

この記事の監修者: 清水 のり子

大手消費者金融の経営企画部で長年課長として勤務。経営計画のほか、融資などのリスク管理も担当。皆さんの借入などの心配事、不安点などについてよりよい情報をお届けします。

続きを読む

審査なしのカードローンって存在する?

結論から言いますと、審査なしのカードローンは存在しません。「審査なし」とアピールしてる会社があるとすれば、それは正規の会社ではありません。

以下で具体的に見ていきます。

貸金業法で審査が義務付けられている

審査なしのカードローンは存在しない

カードローンは大きく分けて、消費者金融と銀行カードローンがあります。これらを規制する法律として、貸金業法や銀行法があります。

貸金業法は、消費者金融を対象にした法律です(厳密には消費者金融を含む、「貸金業者」を対象にした法律)貸金業法13条では、貸金業者に対して審査を必ず行うことを義務付けています

貸金業法13条
貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

このため正規の貸金業者で、審査を行わない会社は存在しません。そもそも審査もせずに貸付をしていたら、返済が怪しい客にまでお金を貸すことになります。

返済がなければ消費者金融は丸損になるのですから、(たとえ法律の規制がなくても)消費者金融は審査をするに決まっています。

<関連記事>:審査の甘い消費者金融はナゼ危険なの?

大手・中小に限らず、正規の消費者金融は必ず審査があります

銀行が審査なしにすることは絶対ない

一方の銀行カードローンは貸金業法の対象外ですが、審査は必ず行われます。そもそも銀行は、融資を行う会社(銀行、消費者金融、カード会社、信販会社、リース会社など)の中でも段違いに審査が厳しいです。

銀行カードローンの審査は、銀行の他のローン商品に比べると少し甘いのは事実です。それでも銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも厳しいことを覚悟すべきです。

加えて銀行カードローンの審査では、銀行のほかに保証会社も審査を行います。銀行がカードローン審査を行うのは、消費者金融と同じく、借り手の返済能力を見極めるためです。

貸したお金がきちんと返ってこないと、銀行は融資分だけ損をします。貸し倒れリスクを減らすためにも、カードローン会社が審査を行うのは当然のことだと言えます。

<関連記事>:カードローンの審査の流れと審査基準

「審査なし」は違法業者

審査なしをアピールするのはヤミ金業者

消費者金融でも銀行カードローンでも、審査なしで融資する会社は存在しません。ですから「審査なし」「ブラックもOK」などと謳う業者がいるとしたら、ヤミ金業者(=違法業者)と考えて間違いありません

とはいえヤミ金は「審査なし」とアピールしておきながら、実際には審査を行います。「審査なし」と言っておきながら融資直前で審査を行い、本当に回収が難しそうな客は、そこで断られます。

万が一審査に通っても、当初の説明になかった追加条件を要求される場合があります。

たとえば男性に対して「免許証を(ヤミ金業者に)預けろ」と要求したり、女性に対しては「裸の写真を送れ」など、無理な条件を提示するケースが多いです。なんとか借入できたとしても、違法な高金利を請求されたり、返済できないと暴力的な取り立てに遭う場合もあります。

ヤミ金の甘い誘い文句に惑わされず、正規のカードローン会社を利用するようにしましょう。

<関連記事>:ヤミ金とは?その悪質な手口を紹介します!

なぜヤミ金が審査なしをアピールするかというと、とりあえず客を集めるためです。ヤミ金でさえ審査は行います



カードローン審査なしを希望する人が多いのはなぜ?

カードローン審査を嫌がる人は数多くいますが、実は嫌がる理由は共通していたりします。ここでは審査を嫌がる代表的な理由と、その対処法について見ていきます。

1.在籍確認が不安

在籍確認が不安

カードローン審査を嫌がられる理由の一つは、「在籍確認」です。在籍確認とは、借入希望者が申告した職場に本当に勤務しているか確認するために、カードローン会社の審査担当者が職場に電話を掛けて確認する審査手続きです

この際、カードローン担当者は社名ではなく個人名(もしくは銀行名)で電話をかけてくれます。カードローンの審査中であることは、もちろん漏らしません。

ですから職場の人に、カードローンの利用がバレる可能性は低いです。とはいえ職場に電話が掛かってくるのを、嫌がる人が多いのも事実です。

対処法としては、一つは自分で電話に出ることです。これなら職場の同僚に知られる心配は、全くありません。自分で電話に出るのが難しい場合は、同僚に「クレジットカードの審査に電話が来るかも」と伝えておくとよいでしょう。

カードローンに較べてクレジットカードであれば、周りの印象も違ってきます。その他の対処法については、「消費者金融・カードローンの在籍確認は怖い?」をご覧下さい。

一部の消費者金融では、担当者への相談や収入証明書の追加提出によって、電話連絡を免除してもらえるケースがあります

2.家族にバレたくない

カードローン審査の電話が、ご自宅に行くことはありません(例外として、専業主婦の方への審査では自宅に電話が行く場合があります)。ただしカードローン会社によっては、また手続き方法によっては自宅へ郵便物が届く場合があります。

その郵便物はカードローンの会社名は記載されてないため、外見を見ただけで家族にバレる心配はありません。ですが家族の封筒を勝手に開けるような家庭だと、カードローンの利用がバレるリスクはあります。

万が一でも自宅に郵便物を送付させたくない人は、完全Web完結に対応したカードローンに申し込むことをオススメします。大手の消費者金融なら、完全Web完結に対応した会社が多いです。

またスマホで申し込んで、契約後にローン契約機でローンカードを受け取れば(もしくは契約機で契約すれば)、自宅への郵便物をなしにできます。

<関連記事>:家族や会社にバレにくいオススメのカードローンを解説

3.審査に通るか不安

審査に通るか不安

「自分でもカードローン審査に通るのかな?」と不安に思っている人は多いでしょう。できることなら、カードローン審査をなしにしたい気持ちは痛いほど分かります。

カードローンの詳しい審査基準は公表されておらず、会社ごとで審査基準は異なります。とは言え現役の審査担当者への取材などにより、大まかな審査基準は分かっています。

また、お金を貸すという観点で審査を行うので、特に重視されるポイントは各社で同じです。カードローン審査で一番重要なのは、借入希望者の「収入の安定性」です。

安定した収入とは、毎月定期的な一定以上の収入があることです。そのため、最低でも週3日は仕事をしていることが目安になります。

正社員である必要はなく、パート・バイト・派遣社員でも週3日以上の勤務なら可能性はあります。ただし正社員(特に公務員)が審査に有利なのは、確かです。

逆に無職の人や本人に収入がない専業主婦は、カードローンの申し込みが出来ません。また20歳未満の方は、たとえ安定収入があっても大手のカードローンでは申し込みを受け付けていません。

カードローン審査では、安定収入の他にもいくつものチェック項目があります。詳しくは上の関連記事をご覧下さい

4.他社からの借入が多い

他社からの借り入れが多い

他社からの借入が多いことを、カードローン審査で不安に感じる人もいます。確かにカードローン審査では、他社での借入金額や借入してる会社の数が多いと審査で不利な扱いを受けます

まず借入している会社数が4社以上ある場合は、新規のカードローン審査はかなり難しいと考えて下さい。さらに借入している金額が、年収の1/3に近い場合も審査は厳しいです。

貸金業法には「総量規制」と呼ばれるルールがあり、個人の借入合計は年収の1/3までと法律で制限しています。消費者金融は総量規制の対象のため、年収の1/3に近い借入がある場合、まず審査に通りません。

一方で銀行カードローンは、総量規制の対象外です。ですが借入合計が年収の1/3に近い場合、返済能力が足りないと判断され、審査に落ちる可能性が高いです。

このため審査に通りやすくするには、まず既存の借入を減らすことが先決です。新規の借入は一旦あきらめ、現在の借入を減らすことを優先させて下さい。

<関連記事>:カードローン返済の上手なコツは?

5.事故情報の記載がある

ブラックリストに載っている

「ブラックリストに載っていると借入できないのは?」と、不安に思う人もいるでしょう。「ブラックリスト」と呼ばれるリストは存在しませんが、過去に借入で重大な問題を起こした人が、信用情報機関に金融事故の記録を掲載される場合はあります。

この事故情報の記録が残っている人は、カードローン審査で確実に落ちます。この事故情報はカードローン各社の間で共有されるので、隠すことは不可能です。

事故情報は返済に一定期間(61日また3か月以上)遅れた場合や、債務整理をした場合に記録されます。この記録は5年から10年は掲載され、(時間の経過を待つ以外に)自分のチカラで消すことは出来ません。

<関連記事>:金融事故情報(ブラックリスト)とは?

より厳密には取引が完了してから5年~10年とされているので、事故情報を早く消したいなら少しでも早く完済することをオススメします



審査なしでお金を借りる方法はある?

残念ながら、審査なしのカードローンは存在しませんでした。ですがカードローン以外なら、審査不要でお金を借りる方法があります。

方法1. キャッシング枠のあるクレジットカードを利用する

クレジットカードを持っている人は、キャッシング枠がついていないか確認しましょう。キャッシング枠を新たに付ける場合は審査が必要ですが、既についていれば審査なしでATMから借入できます。

作成してから時間が経っているカードなどは、キャッシング枠を付けたことを忘れている場合もあります。サポートセンターへの電話やインターネットで簡単に確認できるので、ぜひ試してみて下さい。

なおクレジットカードのキャッシング審査は1週間以上の時間が掛かるため、新規に審査を受けることはオススメしません。それでしたら、(審査スピードの早い)カードローン審査を受けることをオススメします。

<関連記事>:消費者金融とクレジットカードの違いは?分かりやすく解説

方法2.質屋を利用する

質屋とは、預けた品物を担保にお金を借りられるサービスです。質屋でお金を借りる流れは、以下の通りです。

質屋でお金を借りる流れ
  • 来店して品物を査定してもらう
  • 担当者が融資可能な金額を提示する
  • 融資額に納得すれば、質札(取引証明書)と現金を受け取る


<外部の関連サイト>:質屋|Wikipedia

質屋の担当者は、持ち込んだ品物を「査定」して融資額を決定しますが、信用情報のチェックなどの「審査」は一切行いません。そのため来店から融資実行まで、わずか15分程度で完結します。

査定費用などは発生しないので、担当者が提示した融資額に納得できなければ、融資を断ることも可能です。質屋の返済期間は、3か月です。

3か月以内に元金と利息を返済できれば、預けた品物を回収できますが、3か月が経過してしまうと品物の所有権が質屋に移ります。これを「質流れ」と言い、お金を返さなくて良い代わりに、預けた品物は回収できなくなります。

元金は用意できないけれど質流れは避けたい場合、返済日までに3か月分の利息を支払えば、さらに3か月、返済を延長することができます。金利は質屋によって異なりますが、1.5%~7%程度が相場です。

融資額が大きいほど、適用金利は低くなります。注意点として、質屋の金利は月利なので、年率換算では12%程度とやや高めになります。

1日後に返済した場合でも、1か月分の利息を支払う必要がある点にも気をつけてください。

<関連記事>:即金で5万円・10万円を作るために絶対知っておきたいこと

督促はないので、返済スケジュールは自分でしっかり管理しておく必要があります

方法3.ゆうちょ銀行の自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行の「自動貸付」を利用するという手もあります。自動貸付とは、通常貯金の残高を超える引き出しをすると、不足分を自動で借入できるサービスです。

<外部の関連サイト>:貯金担保自動貸付け|ゆうちょ銀行

正式には「貯金担保自動貸付」と呼ばれ、「担保定額貯金」「担保定期貯金」を利用している人が対象です。今まで積み立ててきた貯金を担保にするので、審査なしで借りられます。

借入回数やタイミングも自由で、未成年や無職の借入も可能です。限度額は預金額の9割までで、1冊の総合口座通帳につき300万円までとなっています。

適用金利は、担保定額貯金が約定金利(0.002%)の+0.25%、担保定期貯金が約定金利の+0.5%です。かなりの低金利な上に、貸付期間も2年間と、ゆとりを持って設定されています。

万が一返済できない場合は、担保としている預金を解約して返済に当てます。将来の貯蓄が減ってしまうので、期限通りに返済することを心がけましょう。

<関連記事>:お金を借りるなら、どこがおすすめ?

方法4.契約者貸付制度を利用する

「契約者貸付制度」とは、保険の解約時に支払われる「解約返戻金」の範囲内で借入できる制度です。契約書貸付制度は、これまで自分が積み立ててきたお金をもとにして借入を行うので、審査はありません。

今の保険を解約する必要もないので、安心して利用できます。この制度を活用できるのは、解約返戻金のある保険に限られます。

積立式の終身保険、個人年金保険などが対象です。一方で医療保険やがん保険など、掛け捨て式の保険は契約者貸付制度の対象外です。

借入限度額は、会社によって異なりますが、解約返戻金の8割程度と言われています。適用金利は、カードローンよりも低く、3.0~6.5%程度です。

貸付条件が比較的良いことに加え、契約者貸付は信用情報が残らないというメリットもあります。他社の借入の際に、悪影響を及ぼす心配はありません。

<関連記事>:コロナでお金がない!個人がコロナ関連でお得にお金を借りるには?

コロナ禍では、契約者貸付の金利を免除する金利支援も行われました



ここまで審査なしのカードローンは存在しない点、審査への対処法など見てきました。上でも触れましたが、審査なしのカードローンは存在しませんが、審査なしをアピールする会社はあります。

ですが、そうした会社はヤミ金の可能性が非常に高いので、絶対に利用すべきではありません。残念ながら審査不要のカードローンはありませんでしたが、対策次第では審査に通る確率を上げられます。

それでも審査を避けたい方は、紹介したカードローン以外の借入方法も検討してみてください。


この記事のまとめ
  • 消費者金融も銀行カードローンも、必ず審査が行われる
  • 「審査なし」「ブラックOK」などと謳う会社はヤミ金なので絶対に利用すべきでない
  • 完全Web完結のカードローンか、契約機で郵便物を受け取れば、審査の不安は軽減する
  • 安定収入や他社での借入状況などを見直せば、審査に通過する可能性は高まる
  • 質屋・自動貸付・契約者貸付など、審査なしの借入方法は存在する



<監修者のコメント>
もともと、カードローンは無担保無保証人の融資ですので、融資するためには、申し込まれた方が確実に返済出来る方かどうかを判断する必要があります。

これが審査というものです。したがって、審査のないカードローンはあり得ず、記事のように審査の負担を軽減する方法を考えてみてください。


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む