【元銀行員が解説】口座なしで利用できるカードローンは?

カードローンの中には、特定の銀行口座を持っていないと利用できない会社もあります。口座開設に余計な時間がかかるので、急いで借りたい人は困ってしまいますよね。

今回は、口座開設の手間が要らない、銀行口座なしで利用できるカードローンを紹介します。


口座開設が不要なカードローンの特徴は?

最近では消費者金融だけでなく、銀行カードローンにも、銀行口座なしで利用できる商品が登場しています。では銀行口座なしのカードローンには、どのような特徴があるのでしょうか?

銀行カードローンは一部しか対応してない

口座なしでカードローンを作れるのは一部の銀行のみ

銀行カードローンの場合、銀行口座なしでカーロ-ンを作れるのは、一部の銀行だけです。多くの銀行カードローンでは、カードローンの申し込みと同時に、その銀行の口座開設を求められます。

すでに口座を持っていれば問題ありませんが、新たに開設する場合、1~2週間ほど待たなければなりません。また土日祝日は口座開設の手続きができないため、借り入れまで更に時間がかかります。

<関連記事>:コンビニATMでも借り入れできるカードローンを教えて!

マネーロンダリング対策もあり、以前にも増して、銀行口座の開設は時間がかかるようになりました

消費者金融は銀行口座なしで利用できる

消費者金融カードローンを銀行口座なしで利用するために、特別な手続きは必要ありません。申込時に銀行口座を登録しなければ、そのまま銀行口座なしでカードローン利用が可能です。

ただし借入や返済には、ローンカードを使う必要があります。基本的にATMでの取引となり、手間がかかります。

<関連記事>:消費者金融とは?分かりやすく解説!

家族に利用がバレづらくなるのはメリット

通帳に記録が残らず家族にバレにくい

家族にカードローン利用がバレにくいのも、銀行口座なしのメリットの一つです。銀行口座ありのカードローンの場合、口座振込みや引落しで借り入れ・返済すると、通帳に取引の内容と相手先名が印字されてしまいます。

しかし銀行口座なしのカードローンなら、口座を介さないので、通帳に取引履歴が残ることはありません。そのため家族に通帳を見られてしまっても、カードローンの利用がバレる心配は不要です。

<関連記事>:バレない!内緒でキャッシングする方法は?

唯一プロミスだけが振り込み時の名前を変更できますが、振替口座の引き落としは社名が印字されるので、通帳を詳しく見られたらバレる恐れはあります

銀行口座なしカードローンのデメリットは?

銀行口座なしのデメリットは、Web完結が使えない点です。スマホから申し込んだ後、カードや書類を受け取るために、契約機に行かなければなりません。

また振込みや口座振替ができないので、借り入れ・返済の度にATMを利用する事になります。ATMでの借り入れでは、基本的にはローンカードが必須です。

したがってローンカードを手元に持っておく必要があり、万が一紛失してしまうと、再発行されるまでキャッシングできない場合もあります。ただし、後ほど触れますが、銀行口座なしでも、カード不要で借り入れできるカードローンもあります。

<関連記事>:Web完結(スマホ完結)のカードローン!選ぶならどれ?



銀行口座なしで利用できる消費者金融カードローン

ここまで、銀行口座なしのカードローンの特徴を見てきました。では実際に、どのカードローンを選べば良いのでしょうか?

おすすめはプロミスかSMBCモビット

上にも書いた通り、ほとんどの消費者金融カードローンが、銀行口座なしに対応しています。その中で特におすすめなのが、「プロミス」と「SMBCモビット」です。

プロミスをおすすめする理由の一つが、自動契約機の数が業界トップである事です。プロミスの契約機だけで1100台以上あり、さらに三井住友銀行のローン契約機(全国に約700台)も利用できます。

またプロミス・SMBCモビット共に、契約後、カードなしでもキャッシング可能なのが魅力です。カードの代わりに専用アプリを使って、ATMで借り入れ・返済も行えます。

<関連記事>:無人契約機でお金を借りるならどの消費者金融を使う?

以下、借り入れまでの流れを、それぞれ見ていきましょう!

プロミスの借り入れの流れ

イチオシはプロミス

プロミスでの借り入れの流れ

プロミスなら、プロミスの契約機に加え、三井住友銀行のローン契約機でも契約が可能です。銀行内に設置されたローン契約機なら、消費者金融の契約機に抵抗がある人でも、安心して利用できます。

また銀行口座なしの場合は、借り入れ・返済は基本的に、ローンカードを使ってATMで行います。プロミスのATMの他、三井住友銀行ATMでも手数料が無料になります。

さらに、はじめての利用なら、30日間の利息が0円なのも、嬉しいポイントです。

 プロミスの申込・即日融資の方法を紹介します

SMBCモビットで借りる場合

2番手はSMBCモビット

SMBCモビット

三井住友銀行のローン契約機を使って契約できます。銀行口座なしの場合、WEB完結申込ができないので、カード・書類を契約機または郵送で受け取る必要があります。

ですが契約が完了した後は、「モビットアプリ」を使って、カードなしでセブン銀行ATMを使って借入・返済が可能です。またカードを使う場合、三井住友銀行カードローンのATMなら、借り入れ・返済時のATM手数料は無料になります。

 SMBCモビットの金利・即日融資の条件は?



銀行口座なしで利用できる銀行カードローン

上でも書いた通り、少数ではありますが、銀行口座なしに対応した銀行カードローンもあります。ここでは、銀行口座なしで利用できる、おすすめの銀行カードローンを紹介します。

三井住友銀行カードローン

まず紹介したいのは、三井住友銀行カードローンです。借り入れまでの流れは、以下の通りです。

三井住友銀行カードローン

ローン契約機の多くが土日祝日も営業しており、平日は21時まで利用できます(ただし契約機により営業時間、休日が異なります)。また三井住友銀行のATM以外に、提携のコンビニATMで、借り入れ・返済時のATM手数料が無料になります。

「消費者金融に抵抗がある、でも急いで借りたい」という人に、おすすめのカードローンです。

<関連記事>:初めての三井住友銀行カードローンについて

三菱UFJ銀行 バンクイック

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」も、銀行口座なしで利用できます。スマホから申し込んだ後、ATMコーナーに設置されたテレビ窓口で契約手続きを行います。

バンクイック

ただし契約時にその場でカード発行するには、運転免許証が必要な点に注意して下さい。またテレビ窓口の営業時間は曜日によって異なるので、事前に確認してから向かいましょう。

<関連記事>:初めてのバンクイック(三菱UFJ銀行カードローン)、審査について


以上、銀行口座なしで利用できるカードローンを紹介しました。銀行口座なしにはデメリットもありますが、時間と手間を省けるのは、とても大きなメリットですよね。

今回の内容を参考にして、自分のニーズに合ったカードローンを探してみてください。


この記事のまとめ
  • 消費者金融カードローンと一部の銀行カードローンは、銀行口座なしで利用できる
  • 銀行口座なしなら通帳に履歴が残らないので、家族にバレにくい
  • 銀行口座なしのデメリットは、Web完結ができないこと
  • 銀行口座なしで使える消費者金融カードローンは、「プロミス」と「SMBCモビット」がおすすめ
  • 銀行では「三井住友銀行カードローン」と「三菱UFJ銀行『バンクイック』」が対応している


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む