三井住友銀行カードローンの審査で知っておきたい点は?

銀行カードローンの中でも、メガバンクを希望する方は多いです。たとえば三井住友銀行のようなメガバンクが提供するカードローンなら、安心して借入出来ますね。

とはいえ申し込んでも、審査に通るか不安な方もいるかもしれません。そこで今回は、三井住友銀行カードローンの審査で知っておきたい点を紹介します。

まず三井住友銀行カードローンの基本情報を紹介し、申し込み方法や審査など見ていきます


三井住友銀行カードローンの基本情報は?

三井住友銀行カードローン

借入条件

金利(年率) (最大)借入限度額 WEB完結取引
4.0%~14.5% 800万円 一部対応

上限金利は14.5%と、銀行カードローンとしては平均的な水準の金利です。

また三井住友銀行の口座を持っていれば、完全WEB完結での取引が可能です。完全Web完結なので来店不要で郵送の手続きもなしで、カードローンの申し込み・契約・借入までスマホで完結できます。

<関連記事>:【低金利で選ぶ】元銀行員がカードローン上位15社を比較!

後で詳しく説明しますが、自行の口座がなくても利用できる銀行カードローンは少ないです

申し込み条件

三井住友銀行カードローンでは申し込み時に、以下の3つの条件を満たす必要があります。

三井住友銀行カードローンの申し込み条件
  • 申し込み時点で20歳以上69歳以下の人
  • 安定収入がある人
  • 三井住友銀行が指定する保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証を受けられる人


安定収入がある人の目安は、「週に3日以上働いている人」です。週3日以上働いていれば、パートやアルバイトでも申し込みが可能です。

ただし他のカードローンに比べて銀行の審査は厳しく、収入が低いと返済能力も低いと見なされ審査に落ちる場合もあります。

また三井住友銀行カードローンでは、三井住友の口座を持っていなくても借入が出来ます。その銀行の口座なしでも利用できる銀行カードローンは少ないので、他行に較べてかなり手軽に利用できます。

これについては、後ほど詳しく説明します。

適用金利

三井住友銀行カードローンの適用金利は、以下の通りです。

契約額 金利(年率)
100万円以下 12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 4.0%~4.5%

適用金利は他のカードローンと同じで、契約額(借入枠)が増えるほど金利が下がる傾向にあります。なお初回借入では契約額は100万円以下になり、上限金利が適用されるケースが多いです。

金利を低くしたいなら、契約額を増やす必要があります。ただし契約額の増額には増枠審査を通過する必要があり、信用力の低い人だと落ちる可能性もあります。

また三井住友銀行の住宅ローン利用者だと、特典として金利が引き下げられる場合もあります。ただし対象者は、住宅ローンの返済遅れがない人に限ります。

<関連記事>:カードローン金利の仕組みは?金利を下げるには?

どのカードローンも初回借入では上限金利が適用されやすいので、金利を比較する際は上限金利を見ましょう



三井住友銀行カードローンの申し込み方法や審査について

申し込み方法

三井住友銀行カードローンの申し込み方法は、以下の6種類です。

三井住友銀行カードローンの申し込み方法
  • ネット(パソコン・スマホ)
  • スマホアプリ
  • SMBCダイレクト
  • 電話
  • 契約機
  • 窓口


ネット(パソコン・スマホ)やスマホアプリなら、24時間いつでも申し込みが可能です(ただし毎週月曜の深夜1:00~5:00を除きます)。SMBCダイレクトも同じく、24時間いつでも申し込みが可能です(日曜21:00~月曜7:00を除きます)。

ただしSMBCダイレクトからの申し込みは、三井住友銀行の口座を持っている人に限ります。契約機や電話だと土日祝日を含む9:00~21:00 (1月1日を除く)まで申し込みを受け付けているので、仕事で忙しい方でも利用出来ます。

とはいえ一番手軽なのは、ネット(スマホ)からの申し込みでしょう。
スマホアプリですと、アプリのダウンロードが必要なので少し面倒です。

申し込みから借入までの流れ

三井住友銀行カードローンをネット(パソコン・スマホ)で申し込む場合、以下が借入までの流れになります。

三井住友銀行カードローンの申し込みから借入までの流れ
  • 1.申し込み
  • 2.申し込み内容の確認
  • 3.必要書類の提出(WEB上OK)
  • 4.在籍確認
  • 5.審査結果の連絡(電話かメールで)
  • 6.契約完了
  • 7.ローンカードの受け取り(の場合あり)
  • 8.ローンカードか振込で借入


必要書類はWEB上で提出可能なので、郵送で提出する必要はなく手間が省けます。審査結果は最短、翌営業日に連絡が来ます。

なお三井住友銀行の口座の有無によって、ローンカード種類やその受け取り方法が異なります。基本的には口座が無いと、初回借入までに時間が掛かります。この点は、後ほど説明します。

口座の有無に関係なく、必要書類はWEB上で提出可能です

必要書類

申し込み時には、以下の必要書類をWeb上で提出します。

<本人確認書類>
現住所が確認できる本人確認書類としては、以下の書類の内1点提出して下さい。

三井住友銀行カードローンで必要な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード


こうした書類を用意できない場合、三井住友銀行カードローンの相談窓口であるカードローンプラザに連絡して相談しましょう。


<収入証明書>
収入証明書は原則、借入希望額が50万円を超える場合のみ必要です。証明書としては、以下の内1点を提出して下さい。

三井住友銀行カードローンで必要な収入証明書
  • 給与明細書(発行から3ヶ月以内)
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書、納税証明書または所得証明書
  • 確定申告書


現時点での返済能力を証明するためにも、3か月以内の収入証明書を用意して下さい。

50万円以下の借入でも、場合によっては収入証明書の提出を求められます

審査基準と審査方法について

三井住友銀行のような大手銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しく、申込者の返済能力をしっかり確認します。ただその分、消費者金融より金利は多少低いです。

審査は、(1)仮審査、(2)本審査と二段階に分かれて行われます

まず仮審査ではコンピューターによる自動審査で、申し込み者が申告した情報を点数化します(これを「スコアリング評価」と呼びます)。スコアリングによる点数が一定以下だったり、信用情報に事故情報があると審査に落とされます。

本審査では担当者が、申し込み者の情報を自身の目で確認します。また提出された書類内容と、申告された内容が合っているかもチェックされます。

さらに本審査では、「在籍確認」も行われます。在籍確認とは申込者が申告した勤務先に勤めているか、審査担当者が電話で確認する作業のことです。

在籍確認を不安に思う方もいますが、担当者は会社に銀行名(か個人名)で電話を掛けるので、借入のことがバレる心配は要りません。

<関連記事>:カードローンの審査の流れと審査基準

審査で落ちやすい人は?

申込条件を満たしていても、全ての人が審査に通る訳ではありません。三井住友銀行カードローンでは、以下のような人が審査に落ちやすいでしょう。

三井住友銀行カードローンの審査で落ちやすい人の特徴
  • 過去5年以内に金融事故を起こした
  • 他のカードローンも複数申し込んだ
  • 他社での借入額が多い
  • 収入が低く、返済能力があるとは言えない
  • 在籍確認できない


特に注意してほしいのは、他の複数のカードローンも同時期に申し込んだ場合です。金融機関は信用情報機関を通じて、借入希望者の他社借入や申し込み情報を確認することができます。

複数のカードローンに申し込んだ事実が見つかると「お金に余裕がない人」と見なされ、審査に通らない可能性があります。保険のために複数の会社に申し込みたい気持ちもあるかもしれませんが、カードローンの申し込みは2社以内にしましょう。

どうしても複数の会社に申し込みたい場合は、3社目は半年以上が経ってから申し込むとよいでしょう。カードローン会社への申し込み情報は、半年で消えるためです。

<関連記事>:カードローンの審査に通らない人の特徴

他社借入が年収の1/3ほどある場合も、審査には通りづらいでしょう



三井住友銀行カードローンの借入・返済方法は?

借入時のローンカード

上でも述べた通り三井住友銀行の口座の有無によって、借入時のローンカードが異なります。

<口座を持っていない人はローンカード>
三井住友銀行の口座を持っていない人は、専用のローンカードで借入します。契約完了後に専用のローンカードが届くのを郵送で待つか、カードを契約機で受け取る必要があります。

すぐに借入を希望する方はカードを契約機で受け取るのが良いですが、多少手間が掛かります。急ぎで借入を希望しない人は、郵送でローンカードを受け取りましょう。


<口座を持っている人はキャッシュカード>
三井住友銀行の普通口座を持っている場合、キャッシュカードにローンカードの機能が付き、WEB上のみで取引が完了します。契約完了後に、キャッシュカードをローンカードの代わりとして提携ATMで借入が出来ます。

また専用ローンカードを別に希望する場合は、ローンカードの受け取り・郵送可能です。

<関連記事>:Web完結(スマホ完結)のカードローン!選ぶならどれ?

借入方法

三井住友銀行カードローンの借入方法は、以下の4つがあります。

三井住友銀行カードローンの借入方法
  • ローンカードで提携ATMから引き出し
  • Web上で指定口座に振り込み
  • ネット・テレホンバンキングでの口座への振込(SMBCダイレクトのみ)
  • 自動融資(バックアップ)


多くの人が便利に借入できるのは、Web上で指定口座に振り込む方法でしょう。この振込は、三井住友銀行の口座を持っていなくても可能です。

さらに指定口座は、三井住友銀行ではない銀行でも可能です。ただし事前に指定口座の登録が必要です。

ネットバンキング・テレホンバンキングで自分の(三井住友銀行の)口座への振り込みは、SMBCダイレクトに加入している人に限られます。

「自動融資(バックアップ)」とは、普通預金口座の残高が不足した場合に、カードローンの借入枠から自動的に入金(借入)する借入方法です。自動融資については分かりにくい内容なので、次で詳しく説明します。

ネット上いつでも借入手続きができるのは、便利ですね

自動融資(バックアップ)とは?

三井住友銀行カードローンのサービスの一つとして、自動融資(バックアップ)があります。自動融資とは公共料金やクレジットカードなどの引き落としで、その口座の残高が不足した場合に、口座に自動的に入金される機能のことです

自動融資の利用を希望する場合、窓口か契約機にて申し込みが必要です。とはいえ何でも自動融資してくれる訳でもなく、以下は自動融資の対象外となっています。

自動融資が対象外となる場合
  • カードローンの毎月の返済
  • 約定返済日当日の日中に発生する口座振替
  • 返済用預金口座から支払可能残高を超える預金のお引き出し
  • 返済用預金口座から積立定期へ自動融資する等のご預金間のお振替
  • 投資自動積立による自動引き落とし


特に注意してほしいのは、カードローンの返済に自動融資の機能は使えない点です。

返済方法

三井住友銀行カードローンでは、5日・15日・25日・月末のいずれかを返済期日として、毎月返済する必要があります(返済期日は選択できます)。返済方法としては、以下の3つがあります。

三井住友銀行カードローンの返済方法
  • 提携ATMからの返済
  • SMBCダイレクトで振り込み
  • 口座振替(自動引き落とし)


利用しているのがローンカードかキャッシュカードかで、利用可能な提携ATMは異なります。専用ローンカードなら提携ATMのどこでも返済できますが、ゆうちょATMでの返済はキャッシュカードだと行えません。

SMBCダイレクトでの返済は、三井住友銀行のネットバンキングであるSMBCダイレクトに加入している人に限ります。

また上で挙げた方法を使って、臨時返済(繰り上げ返済)がいつでも出来ます(利息金額以上の入金に限る)。利息金額以上の入金がされると繰り上げ返済と見なされ、次回の返済期日は繰り越しとなります。ただし繰り上げ返済が可能となるのは、2回目の返済分からです。

また全額返済を希望する場合は、返済総額(=借入残高+利息)を振り込んでください。

<関連記事>:カードローン返済の上手なコツは?

繰り上げ返済や全額返済はボーナスなどが入って、お金に余裕のある時にしましょう



三井住友銀行カードローンのメリットや魅力は?

ここまで、三井住友銀行カードローンの借入・返済について見てきました。以下では三井住友銀行カードローンのメリットや魅力について紹介します。

口座がなくても借入可能

三井住友銀行カードローンのメリットの一つとして、三井住友の口座が無くても借入できる点が挙げられます。一般的に銀行カードローンの申し込み時には、その銀行の口座が必須です。

以下は大手銀行カードローンで、その銀行の口座が必要かを示した表です 。

銀行カードローン 金利(年率) 口座の必要
三井住友銀行カードロー 4.0%~14.5% なし
三菱UFJ銀行 バンクイック 1.8%~14.6% なし
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% あり
千葉銀行カードローン 1.7%~14.8% あり
横浜銀行カードローン 1.5%~14.6% あり

上の表の通り、銀行口座が必要ない銀行カードローンは少ないです。なお銀行口座が必要な銀行で、カードローンの申し込み時に口座を持ってない場合、同時に口座開設の申し込みをさせられます。

三井住友銀行カードローンでは、そうした対応もないため、申し込みのハードルが低く手軽に利用できます。

口座があれば完全Web完結で取引できる

口座があれば完全Web完結で取引できるのも、三井住友銀行カードローンのメリットの一つです。普通預金口座があれば、申し込み・契約・借入まで完全Web完結で取引が可能です

もちろん来店不要で、書類等の受け取りもありません

他の銀行カードローンではその銀行の口座があっても、完全Web完結に対応しているケースは非常に少ないです。多くの場合で来店不要は可能ですが、郵送などで書類等の受け取りが発生します。

時間がなくて来店が難しい方に、三井住友銀行カードローンはオススメです

ウェブ上で振込手続きが可能

三井住友銀行カードローンでは、口座を持っていない方でもWeb(スマホ)上で振込手続きが可能です。こうしたサービスは消費者金融では珍しくありませんが、銀行カードローンでは中々ありません。

多くの銀行では口座を持っている人がウェブバンキングに加入すれば、Web上の取引を出来ます。カードローン利用者全員が、Web上での手続きが出来るのは便利ですね。

<関連記事>:銀行カードローンのデメリット(危険性)とは?利用上の注意点を解説

返済方法が複数ある

返済方法が複数ある点も三井住友銀行カードローンの魅力の一つです。一般に銀行カードローンでは、返済方法が口座振替(自動引き落とし)のみの場合が多く、返済に融通が利きません。

ところが三井住友銀行カードローンでは3つも返済方法があり、他行カードローンより利便性が高いです。柔軟な返済を希望する場合、三井住友銀行カードローンを利用するのも良いかもしれません。

ただし自分で振り込む返済方法には、返済遅れのリスクが伴います

メガバンクなので、安心感がある

三井住友銀行カードローンは、メガバンクが提供するカードローンです。カードローンと聞くと何だか不安になりますが、三井住友銀行のような有名な銀行なら安心して借入出来ますね

実際、銀行カードローンを選んだ方にその理由を聞いたアンケートでは、「銀行ならではの安心感」という回答が第一位です。地方銀行だと運営が危なっかしいカードローンもあるかもしれませんが、メガバンクならその心配もいりません。

<外部の関連サイト>:銀行カードローンに関する消費者意識調査(2020年)|全国銀行協会

借入のことがバレにくい

キャッシングのことがバレにくいのも、三井住友銀行カードローンのメリットの一つです。というのも三井住友の口座を持っている方は郵送の手続きがなく、家族に郵送物を見られるリスクがないためです。

口座を持っていない場合であっても、契約機でローンカードを受け取れば家に郵送は届きません。

また利用明細の発行もなく取引明細も送られてこないので、家族に内緒で借入するのに便利なカードローンです。

<関連記事>:家族や会社にバレないキャッシング!オススメのカードローンを解説

契約書類や取引明細が送られて来ないカードローンは少ないです



三井住友銀行カードローンのデメリットや注意点は?

即日融資が出来ない

三井住友銀行カードローンのデメリットの一つとして、即日融資が出来ない点が挙げられます。2018年1月から銀行カードローンは、即日融資に対応していません。

三井住友銀行カードローンでも本人確認書類の提出後、審査結果が分かるのは最短で翌営業日です。借入は早くても翌営業日になるので、その点に注意して下さい。

<関連記事>:銀行カードローンの即日融資が不可になった理由は?

土日を挟むと借入まで大体3~4日ほど、掛かると思って下さい

口座を持っていない場合、ローンカードの受け取りが必要

三井住友銀行カードローンでは三井住友の口座を持っていない場合、契約機でローンカードを受け取るか、カードが郵送で届くのを待つ必要があります。そのため審査結果が分かっても、すぐには借入出来ません。

当日中に借入したい人は、契約機でローンカードを受け取ると良いでしょう。これなら自宅に郵便物が届かず、家族にカードローンを知られる心配も無くなります。

<関連記事>:【利用者が投稿】三井住友銀行カードローンの借り入れの口コミ一覧

自動融資(バックアップ)で、借り過ぎてしまうリスクも

自動融資(バックアップ)は口座不足時に自動入金(=融資)される便利な機能ですが、知らないうちに借り過ぎてしまうデメリットもあります。自動融資では料金支払いの際に不足分が自動的にバックアップされるため、気付いたらかなりの額の借入残高になっているリスクがあります。

とはいえこのサービスの利用には、申し込みが必要です。自動融資の利用を希望する方は、こうしたリスクを知った上でよく考えて申し込みをしましょう。

三井住友銀行カードローンは対応してませんが、口座の残高不足時も自動融資に対応した銀行があり、よりリスクが高くなります




以上、三井住友銀行カードローンの条件や審査内容について説明し、そのメリット・デメリットを見てきました。口座を持っていなくても借入できるという点で、かなり便利な銀行カードローンです。

便利とはいえお金を借りたら、必ず返済する必要があります。将来の返済負担で押しつぶされないためにも、借入時には返済計画立てて、借入と返済に必要な額を見積もりましょう。

後先考えずに借りて返済に行き詰ったら、元も子もありません。


この記事のまとめ
  • 三井住友銀行カードローンの上限金利は14.5%で、借入限度額は800万円
  • 申込条件は20歳以上69歳以下で安定収入があること
  • 口座を持っている人ならWeb完結取引が可能で、審査結果は最短でも翌営業日に分かる
  • 借入方法は複数あり、口座なしでもWeb上から指定口座に振り込み可能
  • 三井住友の口座が無くても利用可能だが、即日融資が出来ない


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む